優れた特性

食品容器に色んな材質が使われています。
今では、注目度が高いのはシリコンスチーマーを始めとしたシリコン容器ではないでしょうか?
シリコンの材質としての特徴は、高温耐性、食器としての耐油性、耐酸性を持つので、プラスチックの新たなライバルとして活躍しています。

今は、シリコンの活躍がどうしても目立っていますが、アルミもプラスチックも負けてはいません。
それぞれの材質には得意なものがあるので、食品容器としても優秀な特性を有しています。
アルミの場合は、アルミホイルみても分かる通り、優れた加工性があります。また、保温容器にも使われていることからも保温性も優れていることがわかります。

一方のプラスチックとしては、どんな性能があるのかというと、材質の種類によっては色んな用途に用いることができる多用途性が魅力です。
加工の仕方によっては、食器にもなりますし、調理器具としても使われています。その材質としての可能性は、軍事にも注目されているくらいです。

食品容器としての両者の特性を比べてみると、それぞれに適した役割があるので、それぞれのシーンで使い分けるようにしましょう。
食品容器としては、アルミもプラスチックも、どちらの材質も優れた特性と、運用性を兼ね備えています。
今回は、そんな両者の特性について、解説していきます。

OUT LINK

ガラス容器ならこだわりぬいたこちらで購入しよう:齋藤容器